淡路沖の小魚は、塩分濃度や
水温の違う潮目に群れを作ります。
鮮度の落ちやすい小魚の漁はスピードが勝負とされています。

出漁から網入れ、そしてより多くの群れをすくい上げできるだけ迅速に網を引き揚げることが漁のポイントとされています。

西山佃煮では、生炊き・いかなご釘煮、ちりめん山椒、焙烙煎りたつくりを始めとする全ての商品の素材となる小魚は、いつも近海漁港より水揚げされた新鮮なものしか使用いたしておりません。


新鮮さが命のいかなごは、船から下ろして
直ぐに競りにかけられます。


新鮮ないかなごは、魚体に
透明感があり非常に綺麗です。
また素材の仕入れにも熟年のプロが目を光らせて競りに望んでおります。